患者様は診察に入ると緊張して医師の説明を忘れてしまうことも
あるとおもいます。緊張して聞きにくいこともあると思います。
その中でも、看護師は患者さんの表情などを察知し
不安になっている患者さんへのフォローを心掛けています。
治療は医師が行いますが、
心のケアは看護師がしっかりサポートさせていただきます。
患者さんが安心する診察介助
処置担当の看護師をつけることで責任を持ち、
患者さんへの処置を正確に・迅速に行い
疼痛が最小限になるように心掛けています。
処置中でもしっかり患者様とのコミュニケーションを大切にし
不安に思っていることなど
その場でも聞き入れるように心掛けています。
待ち時間の効率化を目指す処置
看護師が一番力を入れているところです。
先生の診察に入る前に看護師が直接患者さんの問診を行います。
患者さんの状態(痛み・辛さ・喜び)をしっかり共有し、
診察に対してのニーズをしっかり引き出します。
本人さんだけではなく家族背景も考えながらお話をさせていただきます。
問診は満足のいく診察に繋がる大事な役割です。
その中で必要な検査なども前もってお勧めさせていただくこともあります。
丁寧な問診
”のぞみ”の看護は地域医療に力を入れ患者さんの持てる力を最大限に引き出し
辛さ・不安・喜びをしっかり共有するところから始まります。
専門知識をしっかり持ち疾患に関しての悩み・不安の解消を
医師と一緒に行っていくことが私たち看護師の役目だと思っています。
その為にも更なる看護の質を向上させ地域の方に安心して受診して頂ける
信頼される看護を目指したいと思っています。
のぞみ整形外科クリニック
院長 貴 船 誠 二



『安心、信頼できる看護』
ドクターに言いにくい話も
     気兼ねなく看護師にお話くださいね。
先生と患者さんの架け橋になれればと思っています。