[recruit-rogo]
[recruit-mail]
[Dr-recruit]
[staff-recruit]
[recruit-haikei]
[hari-link]
[tr-link]
[therapi-link]
[dr-link]
[service-link]
[rt-link]
[ns-link]

[nozomi-saiyou]
[nozomi-tsuyomi]
[nozomi-tiryou]
[nozomi-about]
Copyright(C)2016 Nozomi Orthpadedic All Right Reserved.


●リクルート情報(地域医療を支えるスタッフ募集
●医師求人情報(当院の求めるドクターとは)
●人事採用ブログ


●のぞみ整形外科セラピスト部Facebook
●のぞみ整形外科介護事業部Facebook
●神経根ブロック注射
●高血圧について
●糖尿病について
●ボツリヌス治療について
●リハビリ機器の種類と効果について
●足関節捻挫のトレーニング
●訪問リハビリ
●訪問鍼灸
●デイケア のぞみクラブ
●デイケア のぞみ整形外科ヒロシマ
●丁寧な問診
●適切な検査
●質の高い接遇
●心の入った整形外科診療
●全身状態を見る内科診療
●セラピストによる専門治療
●トレーナー・リハ助手によるリハビリ
●鍼灸師による専門治療
●のぞみ整形外科クリニック
 リハビリオンライン予約サイト
●のぞみ整形外科ヒロシマ
 リハビリオンライン予約サイト
●クリニック紹介
●当院の治療について
●医師紹介
●スタッフ紹介
●担当医診療時間
●メディア掲載情報
●アクセス
●リンク集
●プライバシーポリシー
どんなときに整形外科に行くの?
整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。
具体的には、腰痛,肩こり,神経痛,関節痛などや、骨折,捻挫,打撲,切り傷など。
スポーツ外傷や交通事故による外傷、労働災害による外傷のほとんどは整形外科で診ることができます。
接骨院では柔道整復師が捻挫や打撲に冷罨法,温罨法,マッサージや物理療法等の施術を行います。
柔道整復師は医師ではなく、あん摩,マッサージ,鍼灸師と同じ医業類似行為の資格で、
外傷による捻挫や打撲に対する施術と骨折・脱臼の応急処置が業務範囲で、
変形性関節症や五十肩のような慢性疾患は取り扱えません。
整形外科では整形外科医が骨・関節・筋・腱・手足の神経・脊椎脊髄の治療を行います。
診察による理学所見とレントゲンなどの検査をもとに診断し、
症状や病態にあわせて投薬,注射,リハビリテーション等で治療を行います。
整形外科と接骨院は何が違いますか?
当院では交通事故の患者様も診ております。自賠責保険をご利用いただけますのでご安心ください。
また、後遺症が残る場合などは後遺症診断書もお出しできます。
交通事故でのケガは診てもらえますか?
当院では骨折,関節,腱,靭帯等の整形外科の術後のリハビリはもちろん、
脳卒中などの中枢神経疾患、心筋梗塞などの心疾患など、あらゆる疾患の術後のリハビリを行っています。
リハビリをご希望される際は、病院の先生に診療情報提供書を用意して頂き、ご持参ください。
他の病院で手術を受けたのですが、リハビリはそちらでしてもらえますか?
膝の水を抜いてもクセにはなりません。膝に溜まる水は変形性膝関節症の急性期や
半月板,靭帯,軟骨,骨の外傷等で炎症を生じたときに体の防御反応として作られます。
炎症が収まれば水は吸収されます。しかし、水を抜いても炎症が収まらない限りは水はまた溜まります。
膝に水が溜まった場合、軽度であれば経過観察で良いと思いますが、
疼痛が強い場合や多く水が溜まっている場合は、疼痛の長期化,関節拘縮,筋肉の萎縮につながりますので
水を抜くことをお勧めしています。
膝の水を抜くとクセになりますか?
TOPページ > お問い合わせ > よくある質問
よくある質問