足首の捻挫は一般に軽視されがちですが、放置することで治癒に時間がかかってしまったり慢性化してしまうことも多い疾患です。
それらは適切なリハビリテーションによって防ぐことができます。
ここでは当院で行っている足関節捻挫のリハビリテーションを少しご紹介いたします。
足関節捻挫のトレーニング
1.物理療法
a)寒冷療法
 捻挫した時は早めに
炎症を抑えることが大切です。
 寒冷療法(アイシング)は最もよく使われる手段のひとつで痛みを抑え二次的なダメージを防ぐことができます。
b)超音波療法
 
腫れは治療の難敵です。
 音波による刺激で捻挫した部分の腫れを抑え治療を促進させます。
 また出力を調整することで様々な目的に利用しています。
c)電気刺激療法
 当院では捻挫に対しマイクロカレントという微弱電流を用いています。
 怪我をした際、人間の身体には治癒を促進する電流が流れています。
 この電流を人工的に流すことで本来の治癒力を飛躍的に向上させることができます。
 捻挫した後の足首は筋力や動きが低下しています。
 トレーナーが個人に合わせた運動メニューの処方と指導をさせていただき改善を行っていきます。
 定期的な通院が困難な方には自宅用のメニューを作成いたします。
2.運動療法
3.補装具
 捻挫は程度がひどいと症状が長期化し日常生活やお仕事、運動において痛みを感じることもあります。
 希望や状態に応じて装具の処方やテーピングのご指導をさせていただきます
4.再発防止
 捻挫は歩き方や姿勢の崩れによって引き起こされることも少なくありません。
 痛みが治まった後も怪我をしにくい丈夫な身体作りのお手伝いをさせていただきます。
a)競技復帰
 当院にはスポーツを専門とするトレーナーも多数所属しています。
 各競技の動作に特化したリハビリテーションもご指導いたしますので、ぜひご相談ください。
5.競技特性を踏まえたリハビリテーション
b)患部外のトレーニングの処方
 リハビリ中は可能な動きが限られてしまいます。
 体力を低下させないためにマシンや器具を使ったトレーニングを実施いたします。
c)コンディショニング
 競技復帰後もご希望に沿ってより高いパフォーマンスを発揮するためのトレーニングを処方させていただきます。
 過去の捻挫が影響して成績が伸びないと感じている方も気軽にご相談ください。

Copyright(C)2016 Nozomi Orthpadedic All Right Reserved.


●リクルート情報(地域医療を支えるスタッフ募集
●医師求人情報(当院の求めるドクターとは)
●人事採用ブログ


●のぞみ整形外科セラピスト部Facebook
●のぞみ整形外科介護事業部Facebook

●高血圧について
●糖尿病について
●ボツリヌス治療について
●リハビリ機器の種類と効果について
●足関節捻挫のトレーニング
●訪問リハビリ
●訪問鍼灸
●デイケア のぞみクラブ
●デイケア のぞみ整形外科ヒロシマ

●丁寧な問診
●適切な検査
●質の高い接遇
●心の入った整形外科診療
●全身状態を見る内科診療
●セラピストによる専門治療
●トレーナー・リハ助手によるリハビリ
●鍼灸師による専門治療
●のぞみ整形外科クリニック
 リハビリオンライン予約サイト
●のぞみ整形外科ヒロシマ
 リハビリオンライン予約サイト
●クリニック紹介
●当院の治療について
●医師紹介
●スタッフ紹介
●担当医診療時間
●メディア掲載情報
●アクセス
●リンク集
●プライバシーポリシー