@平日1日休み  A平日1日午後から勤務
※平日1日完全にお休みを取ることで週休2日制を毎週実現できます。オンオフにメリハリを付けたい方におすすめです。
シフトの特徴
家族と過ごす
患者さんへの話し方、時間の使い方、注射の仕方、豊富な治療方法など、外来におけるすべてにおいて経験が
積め、経験値の量が多いことです。
また、スタッフは、患者さんだけでなく他のスタッフに対しても親身になって対応してくれます。
私は整形外科医ですが、より多くの患者様と接して多くの希望に添えるようにすることが自分の目指す医療と
考え外来主体の診療を選びました。

「のぞみ」にきてまず驚いたのは自分と同じような考えのドクターが他にもいらっしゃることでした。そして
高い質の接遇、さまざまな病態に合わせての多彩な検査、医師だけでなく他のスタッフまで隅々に行きわたる
高いレベルのスキルと知識、それを維持するために勉強も怠らず病院としての診療の質をスタッフ全体で保ち
続けています。多忙になりどうしても作業になりがちな外来業務ですが、説明の時間を長く取ることで安心かつ
納得のいく医療を行えます。

「のぞみ」では自分がこれまでに目指してきた『医療はサービス』を前提にした、患者様に喜んでいただく
ための医療を実践するための最も近い職場に感じます。
外来はもともと整形外科の中ではどちらかというと敬遠されがちな仕事です。
たくさん来院される患者さんひとりひとりと真剣に向き合っていくことは容易なことではありませんし、
外科的な治療に魅力を感じることが多いことも現実と思います。
ただ整形外科を受診される患者さんのうち9割は手術を必要としない患者さんであり、のぞみに来る以前は、
そういった患者さんを充分に治せてあげていないと実感していました。

クリニックは手術で患者さんを治す場所ではありませんが、手術前の人、手術後の人、手術にまでは
至らない病状の人を治してあげる場所だと考えています。
そのためには医師だけでなく、看護師、理学療法士、スポーツトレーナー・鍼灸師など多職種の
スタッフの力が必要です。

医師は患者さんを治すためのコーディネートをしているといっても過言ではありません。
当クリニックでは他職種の連携を大事にし、お互い協力しながら治療をすすめることで
他にはない治療効果を出していると考えています。
ずっと自分がやりたいと考えていた、患者さん1人ひとりとしっかり向き合った医療が実現できていること。
理事長先生の信念がクリニック全体に浸透しており、それに賛同した医師や若いスタッフが多いので
とても活気があります。
家族との時間、子供と遊ぶこと。
シフトの特徴
@週1回半日勤務  A週1回18:00まで勤務  B土曜日月2回お休み
※土日連休が月2回程度取れます。子供さんが小さく土曜日に学校行事に参加できるので喜ばれます。